先輩より

ヤクルトスタッフの笑顔のために
私は現在、センターマネージャーとして活動をしています。そんな私の特に重要な仕事はヤクルトスタッフがより良い環境でお届けが出来るようにサポートすることです。個人的な相談や商品の紹介の仕方などを、どんな言葉を選んで伝えれば気持ちよく仕事が出来るか、また、わかりやすく伝わるかを新任マネージャーの私は日々模索中です。ヤクルトスタッフの笑顔が見られるように奮闘すること、それこそが私の仕事です。
また、私は1年目から2年目の間にいくつかのサービスセンターで仕事をする機会に恵まれました。そのため、行く先々でヤクルトスタッフやその地域のお客様との親睦を深めることが出来ました。その営業所を離れた今でも、表彰式や研修会で会うたびに声を掛けてもらえたり、近況のお話が出来たりすることが一番嬉しいです。
健康と美をお客様に伝えていく
私の主な仕事は、化粧品を取扱うスタッフが、お客様の健康と美容を自信を持ってサポート出来るようにすることです。
スタッフと一緒にお客様のところへ伺い、ヤクルト化粧品を実際に手につけていただいたり、肌悩みを聞いてお肌に合った商品を提案したりもします。
また、スタッフ個々やサービスセンター全体が目標を達成できるよう支援することも、大切な業務の一つです。
『ヤクルト』と聞くと、ほとんどの方が乳製品のヤクルトを思い浮かべると思います。
お腹に良いヤクルト…実はお肌にも良いのです!ヤクルトの化粧品には乳酸菌を発酵させたエキスが全商品に配合されています。
ヤクルトにはこんなに素晴らしい化粧品があるのに、まだまだ知らない人が多すぎる!ヤクルト化粧品の良さを、もっと多くの人に知ってもらいたい、使ってもらいたい!と思ったことが、この会社を選んだきっかけです。
管理栄養士の資格を活かした仕事
管理栄養士の資格を活かして、学校や地域で食育教室や健康セミナーを行っています。参加した方に楽しんでいただけるように分かりやすく話すことを心がけています。一人でも多くの方に健康になってもらえるように努力しています。
食育教室を行った小学校の生徒から、お礼のお手紙を頂くこともあります。今まで知らなかったことがたくさんあった」「おもしろかった」「これからは規則正しい生活をします」と嬉しい言葉をたくさん頂くことができました。授業中に楽しそうに手を挙げてくれたり、驚いている表情を見ると、やってよかったなとやりがいを感じます。今後も『今の食事=将来の健康』ということをより多くの生徒に伝えていきたいです。
新しいビジネスモデル構築への挑戦
私の業務は、会社のブランド価値である《ひと》《商品》《取り組み》などの企業活動全体をさまざまな手段で発信し、その価値が伝わり広がっていくモデルづくりに取り組むことです。企画した内容をメンバーで実践し、効果を分析・検証して形式知化を図っています。
平成29年の重点的な取り組みとして、吾妻地域で限定された市場での価値普及活動を行っています。群馬県と締結して取り組んでいる地域見守り支援事業や、高齢者向けのいきいきサロンでの健康教室などを通じ、地域の健康寿命の延伸に役立ち、必要とされる存在を目指しています。
お客様からの嬉しい言葉がやりがい
仕事をしていて、お客様と会話をすることがよくあります。私が担当している自動販売機でヤクルトの乳製品を購入して下さったお客様に「体の調子が良くなった」「続けているよ」などの言葉を頂いた時が一番嬉しく思います。ヤクルトの社員として「お客様に健康を届ける」という思いのもと仕事をしているので、このような言葉でそれが達成できていることを実感できた時は本当に嬉しいです。お客様に支持される自動販売機を、一台でも多く創り上げていくことが私の毎日の目標です