メールでお問い合わせ

会社案内

ヤクルトグループは、メーカーの「ヤクルト本社」と、
全国各地でヤクルトブランド商品を販売する
「販売会社」で構成されています。
当社は、群馬県をエリアとする販売会社です。

経営理念

私たちの使命

一人でも多くのお客さまに「健康と美」をお届けすること

2023年度スローガン

「つながり」を広げ、一人一人の「居場所」を創ってゆこう!

群馬ヤクルトの信条

一、お客さまの健康と美しさに寄与することが私たちの使命である。
  一人でも多くの人にご利用していただき満足と幸せを提供しよう。

一、お客さまから支持されるサービスを提供しよう。
  そして地域社会に心をこめて貢献しよう。

一、仕事を通じ人生の夢と目標を達成しよう。
  互いに協力し全員が幸せになろう。

群馬ヤクルトのビジョン2035

「共助社会の担い手になる」~乳製品人口比20%を目指して~

全社戦略 ヘルスケアカンパニーへの進化とプラットフォーム型ビジネスモデル構築

私たちが大切にしている価値観

1.利他の心
真心を込めたサービスがお客さまを幸せ(笑顔)にし、私たちも幸せ(笑顔)にします。

2.お客さま本位
全てはお客さま(そのご家族、地域の人々も含めて)のために。お客さまの身になって考え、行動することで信頼関係を築きます。

3.価値普及
お客さまが求める価値を知り、私たちが提供できる価値(商品・人・会社)を一人でも多くのお客さまに必要とされる価値に高めます。

4.生産性の向上
学び続けることで一人一人が成長し、会社全体の成長に繋げます。

5.革新の精神
ビジョン実現に向け、必要なプロセスを革新し続け、社会的課題を解決します。

ヤクルトの原点 代田イズム

健康への情熱と発想、
世界の人々の健康を守りたい

1899年(明治32年) 長野県飯田市に生まれる
1921年(大正10年) 京都帝国大学 医学部入学
1930年(昭和5年) 乳酸菌 シロタ株の強化培養に成功
医学博士の学位を得る
1935年(昭和10年) 乳酸菌飲料ヤクルト発売
1982年(昭和57年) 82歳の天寿を全うし生涯を閉じる
正五位 勲三等瑞宝章を賜る
 ヤクルトの創始者で医学博士の代田 稔が京都帝国大学(現在の京都大学)で医学の道を歩みだしたのは1921年。その当時日本はまだ豊かとはいえず、衛生状態の悪さから感染症で命を落とす子どもたちが数多くいました。
 そんな現実に胸を痛めていた医学生時代の代田は、病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないようにする「予防医学」を志し、微生物研究の道に入ります。
 そこで乳酸菌が腸の中の悪い菌を抑えることを発見、これをさらに強化培養することに世界で初めて成功します。
 それが、今日「乳酸菌 シロタ株」と呼ばれる学術名 ラクトバチルス カゼイ シロタ株という乳酸菌です。

ヤクルトの創始者
代田稔(しろた みのる)

医学博士
株式会社ヤクルト本社 元代表取締役会長 兼 中央研究所長
生涯を腸内菌の研究と予防医学の普及に捧げ、昭和57年、82歳で生涯を閉じる。

代田イズム

ヤクルトでは、
創始者である代田の考えを「代田イズム」と呼び、
現在もすべての事業の原点としています。

代田は、生きて腸内に到達し、有用な働きをする「乳酸菌 シロタ株」を、
一人でも多くの人々に摂取してもらうため、有志と共に安価でおいしい乳酸菌飲料として製品化します。
そして1935年、乳酸菌飲料「ヤクルト」が誕生しました。
世界の人々の健康を守りたい。
代田 稔の情熱と発想、飽くなき探究心は、今も、脈々と受け継がれています。

予防医学 病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないための「予防医学」が重要である。
健腸長寿 ヒトが栄養を摂る場所は腸である。腸を丈夫にすることが健康で長生きすることにつながる。
誰もが手に入れられる価格で 腸を守る「乳酸菌 シロタ株」を1人でも多くの人々に、手軽に飲んでもらいたい。

「共助社会の担い手」としての群馬ヤクルト

共助社会で私たちにできること

私たちは共助社会の担い手として、健康と美のお届けを通して地域の方々と助け合いながら、安全・安心に暮らせる地域づくりを行っています。
「自助」に対しては、ヤクルトのお届けと共に健康情報の提供を行い、自分たちと家族の安全・安心なくらしを守るための啓発を行っています。
また「公助」と「共助」をつなぐ活動に力を入れ、自治体や消防・警察、各種団体と連携し、安全・安心なくらしを支える地域づくりネットワークの円滑な運用を目指しています。

安全・安心なくらしを支える地域づくりネットワーク

自助 自分と家族の安全・安心なくらしは自分達で守る
公助 市町村や消防・警察などの公的な支援で安全・安心なくらしを守る
共助 地域の方々など周りの人たちや、企業が助け合い安全・安心なくらしを守る

公助と共助をつなぐ

地域包括連携協定を締結して、協働による地域づくりを推進し、あらゆる分野で安全・安心なくらしに向けた相互連携を行います。

2023年度までに1県9市8町7村3団体と締結

会社概要

会社概要はこちら 会社概要を閉じる
  • 社名 群馬ヤクルト販売株式会社
    所在地 〒371-0857 群馬県前橋市高井町1-7-1
    電話番号 027-251-8960
    創業 1955年6月
    設立 1971年5月
    代表者 代表取締役会長 本田 博己 ・ 代表取締役社長 塩谷 輝行
    資本金 41,640千円
    年商 67億円2千万円 (2021年度実績)
    取引銀行 群馬銀行・三井住友銀行など
    従業員数 888名 (2023年2月末時点)
    社員:230名
    乳製品スタッフ:617名
    化粧品スタッフ:41名
    事業所 前橋本店
    出張所2ヶ所
    サービスセンター33ヶ所
    エステティックサロン19ヶ所
    キッズルーム17ヶ所
    事業内容 乳製品乳酸菌飲料・清涼飲料・食品・化粧品の販売
    宅配ヤクルトスタッフによるお届けと、直販ルートによる店舗・自動販売機によりお客さまへ商品の提供

役員

役員はこちら 役員を閉じる
  • 取締役

    代表取締役会長 本田 博己
    代表取締役社長 塩谷 輝行
    常務取締役 広兼 昌隆
    取締役 吉原 篤
    取締役 青木 秀樹
    取締役 狩野 麻紀
    非常勤取締役
    ㈱ヤクルト本社 常務執行役員
    梛良 昌利
    非常勤取締役 星野 睦子
    監査役 岩田 徳之

    執行役員

    代表取締役会長執行役員 本田 博己
    代表取締役社長執行役員 塩谷 輝行
    常務取締役執行役員
    マーケティング本部 本部長 「宅配部門」
    広兼 昌隆
    取締役執行役員
    経営戦略本部 本部長「未来価値創造部」部門長兼務
    吉原 篤
    取締役執行役員
    マーケティング本部 副本部長「直販部門」
    青木 秀樹
    取締役執行役員
    「総務部・財務部」 財務部部門長兼務
    狩野 麻紀
    執行役員 総務部部長 町田 篤
    執行役員 広報部部長 大山 賢司
    執行役員 DX 推進部部長 大塚 智義
    執行役員 人材開発部部長 竹垣 咲紀

沿革

沿革はこちら 沿革を閉じる
  • 1955年(昭和30年) 前橋(前橋市清王寺町)・高崎・沼田・太田、県内4社で創業。
    「ヤクルト」の販売開始。
    1958年(昭和33年) 群馬県ヤクルト協同組合を設立し、瓶詰め工場生産開始。
    1966年(昭和41年) 婦人販売店制度導入。
    1967年(昭和42年) プラスチック容器導入。
    1971年(昭和46年) 合併により5月18日群馬ヤクルト販売株式会社(前橋市高井町)設立。
    ヤクルト婦人販売店460人。
    化粧品事業開始。
    1975年(昭和50年) 群馬ヤクルト「友の会」旅行関連事業開始。
    1979年(昭和54年) 直販(店舗、給食、自動販売機)事業開始。
    1983年(昭和58年) ニューセンターシステム(NCS)営業展開開始。
    「問屋町サービスセンター」第1号店開設。初の託児所施設開設。
    旅行業登録。
    1986年(昭和61年) ヤクルトネットワークシステム導入。
    1989年(平成元年) 対前年比売上伸長率全国第1位達成。
    CYS(コスメティックヤクルトスタッフ)導入開始。三輪バイク導入。
    営業直販部門で女性嘱託社員の積極的登用開始。
    1990年(平成2年) 物流センターを新設。
    1992年(平成4年) 全国ヤクルトグループ大会において、優秀販売会社として成果を発表。
    1995年(平成7年) 化粧品ホームエステサービス開始。
    1996年(平成8年) お客さま向け情報誌「すてき!生活通信」創刊。
    1999年(平成11年) 宅配部門に、電気自動車導入開始。190台導入。
    2000年(平成12年) 顧客管理システム(携帯端末)導入。2010年ビジョン策定。
    群馬県ヤクルト協同組合製造廃止。
    2001年(平成13年) コールセンター開設。
    群馬県ヤクルト協同組合から群馬県プロバイオティクス普及組合に名称変更。
    2002年(平成14年) ヤクルトグループ全国優秀販売会社賞受賞。
    お客さま向け工場見学開始。
    2003年(平成15年) EYS(エクセレントヤクルトスタッフ)制度開始。
    CS推進室設置。お客さま向け健康フェア開始。
    2004年(平成16年) ヤクルトグループ全国最優秀販売会社特別賞受賞。
    社会貢献委員会設置。ヤクルトご意見番設置。ISO9001認証取得。
    2005年(平成17年) 創業50周年。ISO14001認証取得。Pマーク認証取得。
    星野哲也 (株)ヤクルト本社取締役に就任。
    群馬県警察本部と「安全・安心パトロール協定」の締結。
    2006年(平成18年) ヤクルト健康プラザ(前橋北・高崎西)新設。ホームページ開設。
    2007年(平成19年) 「健康宣言」提唱。”私たちはお客さまの健康に役立ちます。”
    2008年(平成20年) ヤクルトグループ「総合最優秀販売会社賞」受賞。
    前橋市が乳酸菌飲料年間購入金額全国1位になる。(総務省家計調査)
    2009年(平成21年) 星野哲也 ㈱ヤクルト本社東日本支店支店長就任。
    ISO22000認証取得。
    高崎問屋町駅前サービスセンター・高崎南サービスセンター移転新築。
    2010年(平成22年) ㈱ヤクルト本社東日本支店 乳製品部門・化粧品部門最優秀賞をはじめ他5部門を受賞。全サービスセンターに入金管理機設置。
    渋川北サービスセンター新設。
    2011年(平成23年) ヤクルトグループ総合最優秀販売会社賞受賞(2期連続)。
    ㈱ヤクルト本社東日本支店 乳製品部門最優秀賞をはじめ他5部門受賞。
    電気自動車(商用車)3台導入。
    2012年(平成24年) ㈱ヤクルト本社東日本支店 乳製品部門最優秀賞をはじめ他5部門受賞。
    群馬ヤクルト販売本店改築・増築。太田宝泉サービスセンター新設。
    宅配部門に新型電気自動車100台切り替え・導入。
    2013年(平成25年) ㈱ヤクルト本社東日本支店 乳製品部門最優秀賞をはじめ他4部門受賞。
    群馬県地域見守り支援事業協定の締結。
    ヤクルトスタッフの社員登用を開始。ビジョン2020を策定。
    駒形サービスセンター、みなかみサービスセンター移転・新築。
    藤岡南サービスセンター新設。
    2014年(平成26年) ヤクルトグループ総合最優秀販売会社賞受賞(3期連続)。
    ㈱ヤクルト本社東日本支店 乳製品部門最優秀賞をはじめ他5部門を受賞。
    前橋中央サービスセンター、平成大橋サービスセンター改築。
    長野原サービスセンター新設。
    ヤクルトスタッフの社員登用8期目完了。下仁田サービスセンター移転。
    東日本大震災 復興応援「がんばろう東北!」を企画。
    群馬県庁旅行コーナー開設。
    2015年(平成27年) 群馬ヤクルト創業60周年。
    ㈱ヤクルト本社東日本支店 乳製品部門最優秀賞をはじめ他5部門を受賞。
    プロジェクトチーム発足。(ビジョンプロジェクト、経営品質向上プロジェクト、ファイリング・DBプロジェクト、CSネットワーク推進連絡会議)
    ビジョン2020+策定。
    社内広報誌「Voice」発刊。
    ふれあいエピソード集「スマイルレポート」発刊。
    「Voice会議」を設置。
    共有プログラム『★STAR'S活動624』スタート。
    ヤクルトスタッフ週休3日制テスト導入。
    2016年(平成28年) ㈱ヤクルト本社東日本支店 乳製品部門最優秀賞をはじめ他5部門を受賞。
    「ヤクルト400」「ヤクルト400LT」の価格改定。
    群馬県と「健康づくり推進連携協定」を締結。
    第2期プロジェクト始動。(価値普及マーケティングプロジェクト、経営品質向上プロジェクト、ファイリングDBプロジェクト)。
    2016年版宅配・化粧品サービス成功事例集発刊。
    笠懸サービスセンター移転・新築。
    2017年(平成29年) ヤクルトグループ総合最優秀販売会社賞受賞(4期連続)。
    ㈱ヤクルト本社東日本支店 乳製品部門最優秀賞をはじめ他5部門を受賞。
    前橋市と「健康づくり推進連携協定」を締結。
    高崎市と「健康づくりの推進に向けた連携協力に関する協定」を締結。
    玉村町と「地域社会づくり連携に関する協定」を締結。
    藤岡市と「健康増進及び福祉向上に向けた連携協力に関する協定」を締結。
    第3期プロジェクト始動。(価値普及マーケティングプロジェクト、経営品質向上プロジェクト)
    サークル活動始動。(管理栄養士サークル)
    2017年版宅配・化粧品サービス部成功事例集の発刊。
    富士見サービスセンター新設。藤岡サービスセンター、大胡サービスセンター移転・新築。
    ヤクルトスタッフへ軽自動車導入開始。(3か年計画)
    2018年(平成30年) 「届けてネットサービス」の開始。
    ㈱ヤクルト本社東日本支店 乳製品部門最優秀賞、化粧品部門優秀賞受賞。
    渋川市と「連携協力に関する協定」を締結。
    安中市と「連携協力に関する協定」を締結。
    富岡市と「地域社会づくり連携協力に関する協定」を締結。
    沼田市と「連携協力に関する協定」を締結。
    第4期プロジェクト始動(エリア価値普及プロジェクト、業務の仕組み化プロジェクト、新世代プロジェクト)。
    サークル活動第2期(管理栄養士サークル)。
    健康優良企業に認定。
    ヤクルト健康プラザ(前橋北・高崎西)廃止。
    第4世代型携帯端末(スマートフォン)の導入。
    前橋北サービスセンターの移転・新築。
    高崎西サービスセンターの移転・新築。
    2019(令和元年) ㈱ヤクルト本社東日本支店(宅配部門)乳製品部門優秀賞、ヤクルト400優秀賞、化粧品部門優秀賞。
    ㈱ヤクルト本社東日本支店(直販部門)乳製品実売人口比優秀賞、売上指数優秀賞。
    電子決済サービスの導入(QRコード決済)。
    甘楽町と「甘楽町地域づくり連携協力に関する協定」を締結。
    榛東村と「地域づくり連携協力に関する協定」を締結。
    第5期プロジェクト始動(新ビジネスモデルプロジェクト、業務の仕組み化プロジェクト、エンゲージメント向上プロジェクト)。
    サークル活動第3期(管理栄養士サークル)。
    松井田サービスセンターの移転・新築。
    ヤクルト400発売記念/代田 稔博士生誕120周年企画実施。
    健康経営優良法人2020を取得。
    2020(令和2年) ヤクルトグループ総合最優秀販売会社賞受賞(5期連続)。
    ヤクルトグループ部門優秀賞受賞(乳製品部門、化粧品売上高インデックス値部門)。
    ㈱ヤクルト本社東日本支店(宅配部門)乳製品部門優秀賞、化粧品部門優秀賞、ヤクルト400優秀賞。
    ㈱ヤクルト本社東日本支店(直販部門)乳製品実売人口比優秀賞、実売指数優秀賞、量販店マーケット優秀賞。
    吉岡町と「吉岡町地域づくり連携協力に関する協定」を締結。
    嬬恋村と「地域社会づくり連携協力に関する協定」を締結。
    みなかみ町と「地域づくり連携協力に関する協定」を締結。
    中之条町と「地域づくり連携協力に関する協定」を締結。
    前橋市と「地域社会づくり包括協定」を締結。
    東吾妻町と「地域づくり連携協力に関する協定」を締結。
    高崎市教育員会より社会功労者表彰。
    群馬県老人クラブ連合会と「地域づくり連携協定」を締結。
    第6期プロジェクト(新ビジネスモデルプロジェクト、業務の仕組化プロジェクト、エンゲージメント向上プロジェクト)。
    第5期サークル活動(管理栄養士サークル)。
    健康経営優良法人2021中小企業部門(ブライト500)認定。
    内部統制によるコーポレートガバナンスの認定。
    2021(令和3年) ㈱ヤクルト本社東日本支店(宅配部門:乳製品部門優秀賞・化粧品部門優秀賞・ヤクルト400優秀賞)(直販部門:実売人口比優秀賞・実売指数優秀賞)受賞。
    高崎市と「包括連携に関する協定書」を締結。
    群馬県社会福祉協議会と「包括連携に関する協定」を締結。
    桐生警察署と「桐生警察署管内防犯ネットワークに関する覚書」を交わす。
    第7期プロジェクト(新ビジネスプロジェクト、エンゲージメント向上プロジェクト、SNSつながるプロジェクト)。
    ㈱ヤクルト本社 代表取締役 成田社長来社。
    経営戦略本部新設(未来価値創造部、広報部、人材開発部)
    化粧品サービス部を宅配サービス部へ編入。
    群馬ヤクルト~中期経営計画2035~策定~
    健康経営優良法人2022中小企業部門(ブライト500)認定。
    2022(令和4年) ㈱ヤクルト本社 東日本支店(宅配部門:乳製品部門優秀賞・化粧品部門優秀賞・ヤクルト400優秀賞)(直販部門:人口比優秀賞・実売指数優秀賞)受賞。
    昭和村と「地域づくり連携協力に関する協定」を締結。
    南牧村と「地域づくり連携協力に関する協定」を締結。
    片品村と「地域づくりに関する包括連携協定」を締結。
    みどり市と「両毛ヤクルト及び群馬ヤクルトとの包括連携協定」を締結。
    高山村と「地域づくりに関する包括連携協定」を締結。
    長野原町と「地域社会づくりに関する包括連携協定」を締結。
    第8期プロジェクト(プラットフォーム型ビジネスプロジェクト(ポールウォーク事業検証チーム・スクール連携事業検証チーム)、エンゲージメント向上プロジェクト)。
    DX(デジタルトランスフォーメーション)推進委員会発足。
    SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)マーケティング委員会発足。
    「私たちが大切にしている価値観(5つの価値観)」改訂。
    従事者教育研修プログラム:マイスター制度策定・導入。
    執行役員制度導入。
    DX(デジタルトランスフォーメーション)推進部創設。
    第28回上毛新聞広告賞 優秀賞 受賞「あなたの町に健康を届けるヤクルトレディ」。
    健康経営優良法人2023中小企業部門(ブライト500)認定。

SDGs

SDGsはこちら SDGsを閉じる
  • 群馬ヤクルトとSDGs

    群馬ヤクルトでは、従事者ひとりひとりが協力してSDGs達成に取り組みます。

    群馬ヤクルトの特に関係の深い6つの目標

    すべての人に健康と福祉を

    健康に役立つ商品のお届けを通じて、皆さまの健康に貢献します。

    質の高い教育をみんなに

    子どもからご高齢の方まで、さまざまな世代に役立つ健康情報を提供します。

    ジェンダー平等を実現しよう

    ヤクルトスタッフの労働環境を整備し、女性が活躍する社会の実現を目指します。

    働きがいも経済成長も

    事業の生産性を高めつつ、従事者がいきいきと働く会社であり続けます。

    住み続けられるまちづくりを

    地域社会の一員として、住みよいまちづくりに貢献します。

    パートーナーシップで目標を達成しよう

    関係する皆様とのつながりを大切に、目標達成をめざします。

    SDGsについての取り組み

    詳しくは下記よりPDFをご覧ください。

    令和4年度SDGsぐんまビジネスプラクティスに選定

    群馬県が選定するSDGsぐんまビジネスプラクティスの令和4年度の事例に当社の取り組みが掲載されました。

    SDGsぐんまビジネスプラクティスとは?(ポータルサイトより)
    SDGsの考え方に基づき、「社会」「経済」「環境」の側面から持続可能な社会の実現に着目したビジネスのことです。 自社の企業価値向上や競争力強化を目指しつつも、社会課題解決や地域活性化、新たな価値創出などの点が意識されたものとして評価されたものを群馬県では「SDGsぐんまビジネスプラクティス」として選定しています。
    群馬ヤクルトは「地域貢献/地域共創型ビジネス事例」の分野で選定いただきました。 紹介ページはこちら

健康経営

健康経営はこちら 健康経営を閉じる
  • 健康づくり担当者より

    群馬ヤクルトの使命は、一人でも多くのお客様に「健康と美」をお届けすることです。そのために従事者も健康でなければならないと考えています。2016年に 群馬県と締結した「健康づくり推進連携に関する協定」の項目にも「従業員や家族への健康づくりの積極的な推進」が盛り込まれています。健康経営とコンプライアン スに準じた健全な経営を以って社会の課題解決に取り組んでいます。 当社の婦人科がん検診受診率100%と群馬県内の健康経営普及率向上を目標にこれからも取り組んで参ります。

    健康宣言

    従業員の健康づくりに取り組むことを宣言して、予防・健康増進に取り組んでいます。健康宣言は本店の通用口に掲示しています。

    健康経営優良法人

    2023年度の「健康経営優良法人(中小規模法人部門)ブライト500」の認定をいただきました。健康経営優良法人とは経済産業省が「健康長寿社会の実現に向けた取組の1つとして、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、健康の保持・増進につながる取組を戦略的に実践する」企業を認定しているものです。
    ブライト500は「健康経営優良法人2023(中小規模法人部門)の中から、上位500法人が冠します。群馬ヤクルトの健康経営優良法人認定は2020年から4回目、ブライト500は2021年から3回目の認定です。

    健康プログラム 90日チャレンジ

    管理栄養士が希望する社員に健康づくりのサポートを行っています。無理なダイエットではなく、仲間と励まし合って食生活の見直しや生活習慣の改善を日々積み重ねることで大きな成果をあげています。

    ラジオ体操

    群馬ヤクルト本店では毎朝ラジオ体操を実施しています。

    健康ロードの設置

    群馬ヤクルト本店の廊下は通称「健康ロード」。理想的な歩幅の目印が床に設置されています。社内でも広い歩幅を意識して歩きます。

    食堂テーブル用ポップ

    食事とる際の健康ポイントを管理栄養士が作成しました。

    週めくりカレンダー

    社内ではおなじみの「週めくりカレンダー」。管理栄養士作成の健康情報を本店、各拠点で週替わりで掲示しています。お取引先様でも掲示いただいています。ホームページトピックスの「管理栄養士の部屋」でも公開しています。

    群馬県健康アプリG‐WALK+の活用

    2021年6月にリリースされた群馬県の公式アプリG‐WALK+で群馬ヤクルトは企業グループを作成しました。社員同士で歩数を競いながら楽しく健康づくりに役立てています。

    ヤクルトストレッチ

    毎日午後の3分間『ヤクルトストレッチ』を本店で実施しています。社員の心体的負荷の軽減等を目的に、ストレッチ運動に精通した専門機関が監修したヤクルトオリジナルのストレッチです。日頃気になる「肩こり」「腰痛」「眼精疲労」の解消に効果的で社員からも好評です。

    ポールウォーク

    ポールを使ったウォーキングは運動効果アップや足腰の負担軽減などが期待できます。また、ポールはストレッチや筋トレにも活用できます。ポールウォークを健康づくりに活用しています。

自治体との連携

自治体との連携はこちら 自治体との連携を閉じる
  • ビジョン2035へ向けた活動

    自治体と一緒に、地域住民の健康推進や地域づくりに関する活動を行っています。
    具体的な活動としては、「健康推進及び食育」「高齢者・障がい者及び子どもの支援」「スポーツ及び文化振興」「防災・災害対策及び防犯」「市町村政のPR及び観光振興」などです。
    今年度はみどり市・昭和村・片品村・南牧村・高山村・長野原町と包括連携協定を締結いたしました。

    2022年現在

    1876
    22自治体と協定を締結
    ※みどり市は両毛ヤクルト販売㈱管内を含む

    締結自治体人口計

    締結自治体人口計
    1,218,285

    高崎市(2017年9月)
    「健康づくりの推進に向けた連携協力に関する協定」

    玉村町(2017年11月)
    「地域社会づくり連携に関する協定」

    藤岡市(2018年3月)
    「健康増進及び福祉向上に向けた連携協力に関する協定」

    渋川市(2018年6月)
    「連携協力に関する協定」

    安中市(2018年8月)
    「連携協力に関する協定」

    富岡市(2018年9月)
    「地域社会づくり連携協力に関する協定」

    沼田市(2019年3月)
    「連携協力に関する協定」

    甘楽町(2019年7月)
    「地域づくり連携協力に関する協定」

    榛東村(2019年10月)
    「地域づくり連携協力に関する協定」

    吉岡町(2020年7月)
    「吉岡町地域づくり連携協力に関する協定」

    嬬恋村(2020年11月)
    「地域づくり連携協力に関する協定」

    前橋市(2020年11月)
    「地域社会づくり包括連携協定」

    東吾妻町(2021年2月)
    「地域社会づくり包括連携協定」

    中之条町(2021年2月)
    「地域社会づくり包括連携協定」

    みなかみ町(2021年2月)
    「地域社会づくり包括連携協定」

    高崎市(2021年12月)
    「包括連携に関する協定」

    昭和村(2022年8月)
    「地域づくり連携協力に関する協定」

    片品村(2022年9月)
    「地域づくりに関する包括連携協定」

    みどり市(2022年10月)
    「両毛ヤクルト及び群馬ヤクルトとの包括連携協定」

    南牧村(2023年1月)
    「地域づくり連携協力に関する協定」

    高山村(2023年2月)
    「地域づくりに関する包括連携協定」

    長野原町(2023年3月)
    「地域社会づくりに関する包括連携協定」

部門紹介

宅配サービス部

ヤクルト商品の普及を通じて、お客さまの「健康と美」に貢献します。お客さま一人一人の「つながり」を大切ににし、健康社会の実現に向け明るく元気に活動しています。

住宅や職場のお客さまへお届け
詳細はこちら

カウンセリングを重視したエステサービス
詳細はこちら

直販サービス部

県内の主要なスーパーへのヤクルト商品の納品、学校や幼稚園、病院、高齢者施設への給食としての納品、乳酸菌自動販売機など様々な場面から、「乳酸菌 シロタ株」の価値普及を行い、群馬ヤクルト管内のお客さまの「健康」を守るお役立ちを行っています。

YHA(ヤクルト・ヘルス・アドバイザー)

健康ニーズに応える乳酸菌自動販売機

総務部

総務、人事、労務法務、託児運営、保険、コールセンターと業務が多岐にわたり、豊富な知識と経験が求められます。イノベーションを繰り返し、全従事者の労働環境を整備し、生産性の向上をすることで「健康経営の実現」を目指しています。

防災訓練

サービスセンター併設の17か所のキッズルーム
詳細はこちら

財務部

日々の会計業務に加え、社内の資金ニーズを把握し、調達、計画、運用、管理を行います。商品の仕入れから受発注、請求処理などの販売管理、お届け に使用する資材管理やサービスセンター・車両などの資産管理も担っています。

未来価値創造部

未来価値創造部は、部門連係をとりながら、健康価値普及及び、社会的課題の解決を目指し、共助社会の担い手として地域とつながりを築く活動を展開しています。

健康教室
詳細はこちら

工場見学ツアー
詳細はこちら

広報部

様々な情報の受信、発信を行い、社内コミュニケーションと地域コミュニケーションの向上を図ります。ヤクルトの価値普及における情報センターとしての役割を担います。

南スーダン選手への協力

地域との包括連携協定

人材開発部

各種研修・制度を通して、従事者のスキルアップできる環境づくりを行なっています。奉仕の心と高い教養・スキルを持ち併せた人材育成を目指し、様々な活動に取組んでいます。

新入社員研修

教員の長期研修協力

DX推進部

社内のネットワークや、システムの運用管理もあわせて行い、社内インフラ改革により生産性を高める基盤を構築しています。

拠点

サービスセンター一覧

サービスセンター一覧はこちら サービスセンター一覧を閉じる
  • 前橋市 
    高崎市 
    藤岡市 
    渋川市 
    安中市 
    太田市 
    伊勢崎市 
    沼田市 
    みどり市 
    富岡市 
    みなかみ町 
    吉岡町 
    中之条町 
    長野原町 
    下仁田町 
    玉村町 
    前橋市
    前橋東SC 前橋市天川大島町3-1-43 027-221-9575
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    駒形SC 前橋市駒形町379-1 027-266-9087
    アクセスマップ
    前橋中央SC 前橋市平和町1-15-14 027-230-8755
    アクセスマップ
    問屋町SC 前橋市問屋町2-3-5 前橋問屋町ビル1階 027-251-8613
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    前橋北SC 前橋市富士見町原之郷309-1 027-225-9208
    アクセスマップ
    富士見SC 前橋市富士見町時沢1141-1 027-212-9253
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    平成大橋SC 前橋市下石倉町27-14 027-253-7724
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    大胡SC 前橋市樋越町810 027-283-8686
    アクセスマップ
    高崎市
    高崎北SC 高崎市棟高町82-1 027-372-2915
    アクセスマップ
    高崎問屋町駅前SC 高崎市貝沢町747-2 027-363-0500
    アクセスマップ
    上並榎SC 高崎市上並榎町85-1 027-364-6913
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    高崎西SC 高崎市上豊岡町551-6 027-393-6472
    アクセスマップ
    高崎東SC 高崎市中居町4-2-1 027-350-1702
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    高崎中央SC 高崎市あら町6-14 高崎シティーあら町ビル1F 027-326-0241
    アクセスマップ
    高崎南SC 高崎市片岡町1-13-12 027-323-3787
    アクセスマップ
    吉井SC 高崎市吉井町下長根338-1 027-387-8718
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    藤岡市
    藤岡SC 藤岡市中栗須字光明203-1 0274-50-1213
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    藤岡南SC 藤岡市神田1360-1 0274-25-8511
    アクセスマップ
    渋川市
    渋川SC 渋川市渋川2072-2 0279-25-0172
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    渋川北SC 渋川市赤城町敷島430-1 0279-56-3566
    アクセスマップ
    安中市
    安中SC 安中市安中1-2312-1 027-382-6908
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    松井田SC 安中市松井田町新堀1358 027-393-3355
    アクセスマップ
    太田市
    太田宝泉SC 太田市由良町1617-1 0276-55-6363
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    伊勢崎市
    境SC 伊勢崎市境西今井1-1 0270-76-4391
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    沼田市
    沼田SC 沼田市桜町1974-46 0278-23-1331
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    みどり市
    笠懸SC みどり市笠懸町久宮234-7 0277-77-2030
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    富岡市
    富岡SC 富岡市七日市1108-1 0274-64-2161
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    みなかみ町
    みなかみSC 利根郡みなかみ町下牧625-1 0278-25-3591
    アクセスマップ
    吉岡町
    吉岡SC 北群馬郡吉岡町北下1213-1 0279-54-1423
    アクセスマップ
    中之条町
    中之条SC 吾妻郡中之条町大字伊勢町川端20-1 0279-75-3937
    キッズルーム併設
    アクセスマップ
    長野原町
    長野原SC 吾妻郡長野原町大津140-1 0279-82-5588
    アクセスマップ
    下仁田町
    下仁田SC 甘楽郡下仁田町中小坂64-1 0274-70-3202
    アクセスマップ
    玉村町
    玉村SC 佐波郡玉村町福島88-3 0270-65-8975
    キッズルーム併設
    アクセスマップ

化粧品エステティックサロン一覧

化粧品エステティックサロン一覧はこちら 化粧品エステティックサロン一覧を閉じる
  • エステティックサロン前橋東 前橋市天川大島町3-1-43 027-221-9575
    アクセスマップ
    エステティックサロン前橋北 前橋市富士見町原之郷309-1 027-225-9208
    アクセスマップ
    エステティックサロン平成大橋 前橋市下石倉町27-14 027-253-7724
    アクセスマップ
    エステティックサロン富士見 前橋市富士見町時沢1141-1 027-212-9253
    アクセスマップ
    エステティックサロン大胡 前橋市樋越町810 027-283-8686
    アクセスマップ
    エステティックサロン渋川 渋川市渋川2072-2 0279-25-0172
    アクセスマップ
    エステティックサロン吉岡 北群馬郡吉岡町北下1213-1 0279-54-1423
    アクセスマップ
    エステティックサロン高崎北 高崎市棟高町82-1 027-372-2915
    アクセスマップ
    エステティックサロン沼田 沼田市桜町1974-46 0278-23-1331
    アクセスマップ
    エステティックサロン中之条 吾妻郡中之条町大字伊勢町川端20-1 0279-75-3937
    アクセスマップ
    エステティックサロン高崎西 高崎市上豊岡町551-6 027-393-6472
    アクセスマップ
    エステティックサロン高崎東 高崎市中居町4-2-1 027-350-1702
    アクセスマップ
    エステティックサロン藤岡 藤岡市中栗須字光明203-1 0274-50-1213
    アクセスマップ
    エステティックサロン富岡 富岡市七日市1108-1 0274-64-2161
    アクセスマップ
    エステティックサロン安中 安中市安中1丁目2312-1 027-382-6908
    アクセスマップ
    エステティックサロン吉井 高崎市吉井町下長根338-1 027-387-8718
    アクセスマップ
    エステティックサロン玉村 佐波郡玉村町福島88-3 0270-65-8975
    アクセスマップ
    エステティックサロン境 伊勢崎市境西今井1-1 0270-76-4391
    アクセスマップ
    エステティックサロン笠懸 みどり市笠懸町久宮234-7 0277-77-2030
    アクセスマップ
    エステティックサロン太田宝泉 太田市由良町1617-1 0276-55-6363
    アクセスマップ

    直販サービス営業拠点一覧

    本店 前橋市高井町1-7-1 027-251-8960
    アクセスマップ
    沼田出張所 沼田市桜町1974-46 0278-23-1331
    アクセスマップ
    中之条出張所 吾妻郡中之条町伊勢町川端20-1 0279-75-4964
    アクセスマップ

お問い合わせ・お申し込みは

お電話でのお問い合わせは
0800-700-8960
受付/9:00~17:00(土・日・祝日除く)
メールでのお問い合わせは
お問い合わせフォームへ
受付/年中無休
群馬ヤクルト販売株式会社
〒371-0857 群馬県前橋市高井町1-7-1
TEL 027-251-8960
健康経営優良法人2023認定企業
群馬ヤクルト販売株式会社のSDGs
群馬ヤクルト販売株式会社のフェイスブック
群馬ヤクルト販売株式会社のツイッター
群馬ヤクルト販売株式会社のインスタグラム
群馬ヤクルト販売株式会社のYouTube
©群馬ヤクルト販売株式会社